株初心者必見!これを見て初めよう!

こんにちは、株式投資は難しそう、損したくない、借金とか怖い!

そう思ってはなかなか始められないひと、始めたいけどどうしていいかわからない、そんな人がここに来たのではないでしょうか?

その人たちに向けて、株式のリスクや説明をできればと思っています。

初心者向けにかんたんに書いていきますので、ぜひ読んで株式取引を初めて見てください!

株式取引とは〜正しい知識を持ってしっかり安心で簡単〜

株って聞くと、借金とか連想していませんか?
株をしたからと言って借金に追われることはまずありませんよ?

借金に追われるってことは借金したから追われるだけでありまして、借りなければ借金はありません!

株で借金みたいな話を聞きますが、そんなことはありません、株をした人が借金をしたそれだけですから安心してください!

株ってそもそもどんなもの?

株っていうのは、企業が利益を得る為に発行するものです、そしてそれを売買します!。

もちろん初心者が、業績が良い株やこれからの先を見通すことは容易ではありませんが、正しい知識を身につけて、しっかりと情報収集することによってしっかりと行う子ことができますよ!

株の不安とは無知が生んでいるだけです!

正しい知識と情報収集で解決することができます!

株の魅力!

まずはやっぱり儲けの部分ですよね?

株の値段は毎日変動します、だからこそ買った時よりも高い値段で売ることができればそれはあなたの儲けになりますね!

安く買って高く売る、そんな夢を見た人も多いのではないでしょうか?

なかなか夢が膨らみますね!

株主優待

これはみなさんしっているのではないでしょうか?
桐谷さんなどかなり有名な方も多いですね。

やはり桐谷さんの影響もありかなり株主優待は有名になったのではないしょうか??

これは株主優待のある企業の株主になることで株主の特典である株主優待が受けることができる特典です。

これはかな私はお勧めです。

株で稼ぐ以外にも楽しみがあるので、かなり楽しいです。

注意としては、これは絶対あるわけではなくない企業もあることを知っておいたほうがいいことですね。

買ったから必ずあるわけではないので注意してください。

配当金

これも稼げる一つですね。
これは値上がり益の稼ぎではなく、会社の利益の一部が株主に帰ってきます。
これを配当金と言います。

これは会社の利益に左右されますから、絶対ではないです。
しかしかなり利益のある会社や勢いのある会社であれば配当金は大きい傾向にあります。

これだけ見るとかなり楽しそうではないでしょうか?
間違った知識だけでなく本当の知識を持って正しく取引してください。

さあ株式取引を始めよう

これから株式投資で資産を作り稼ぐには??

株式投資に少し興味が湧きやってみたいなってなっ他のではないでしょうか?

しかし、これだけでは儲けることはできません。

やはり基本は重要ですし、知識がなければ勝つことは厳しいでしょう、簡単に手を出す人は、やはり簡単に負けて去って行く人も多いのが現実です。

そうならないためにはしっかり勉強しましょう。

株を持つということはあなたは会社のオーナーです

会社が株式を発行するということは、事業資金を調達するためです、なので株式を発行します。

株式とは会社の権利です。

会社がお金を集める手段として、株式発行があると思っていただいて大丈夫です。

他には銀行借り入れなどですね。

株式を発行してお金を集める理由として、会社が大きくなる時や、新しいことを始める時など手元のお金だけでは足りない時や大きなお金が必要な時など、理由は様々です、しかしその手段として株式を発行します。

その株式は会社のオーナーになる権利です。
その権利を買ってくれた資金を使って会社を大きくするのです。

なので株を買うということは会社の権利を買うということです。

少し難しく言えば会社に出資するとも言えるでしょう。

どんな会社も最初は小さいものです、そのため最初はお金がないからこそ株式を発行して、資金調達したのです。

そのお礼、難しく言えば対価として利益の一部を配当金や株主優待として利益を返すのです。

そのため、その会社の将来はわかりませんが、大きくなったり利益が出ることがあればあなたは還元されることになるのです。

また大きくなたらその株を売却することによって大きな利益を得るこもできるのです。

例えばみなさん知っているアマゾンですが、この会社はかなりの成長をしています。
これはみなさんしっかり知っていると思いますが、私もかなりお世話になっています。
世界で一番のEC事業者ですね。

そんなアマゾンですが、1997年5月の上場時ににで15.75ドルですが2019年7月1日で1922.19ドルですね。

あえていませんがそういうことです。

やはりネット関連の成長率は素晴らしいものですね。

わかっていたら絶対投資しますよね。

これこそ株式投資の楽しさといっても過言ではないでしょう。

ガンホーの例も有名ですね、ガンホーも10年前に買っていたら大化けした株としてかなり有名ですね。約10年で22倍になっています。

こういったことに目をつけて巨額の富を手にした人も多いですね。

さあ始めよう、しかし何円あれば始めれるの??

ここまできたらちょっとぐらい初めて見ようかなって思った人も多いはずです。

しかしここで問題がありますよね、実際お金はいくらいるんですか?

実際お金が無けれは初めることはできませんし、そんな簡単には初めることはできないのかもって思っちゃいますよね。

そこは心配無用です。
株価はまちまちですし、かなりの金額がないと初めることができないことはありません。

全部が全部ではありませんが、株価の低い銘柄であれば、数万円から、取引が可能です、勿論高い銘柄であれば数十万円必要なパターンもあります。

計算式は「株価」×「株数」が必要です。実際は証券会社の手数料が必要ですが、それは今回は割愛します。

また株式を購入するためには基本は100株単位で購入するのが基本ですので、基本は「株価」×「100株」が基本ですので、株価にかける100をした金額だと思ってください。

しかし安い銘柄であれば一万円程度で購入できますし、また証券会社によっては1株から購入かのな証券会社もありますので、ぜひチェックしてみてください。

なかなか、お金の部分で見るとかなりハードルは低いのではないでしょうか?

緊張や不安もあるとは思いますがや行動することが一番大事です。

まずはしっかり勉強していきましょう。

株価が低すぎる株に関してはかなりリスクも伴いますのでしっかり判断が必要です、そこはこれからしっかり書いていきますので安心してください。

購入するのはかなり、抵抗がありますし自分の財産を使うわけですからしっかりお財布と相談してくださいね。

お金を使うことは大切ですが、お金がないと精神的にもよくないですし、そこはご自身としっかり相談してくださいね。

そもそもなんで毎日株価は変わるの??

毎朝ニュースをみている人は今日の為替やNYダウ、など一日一回は聞くのではないでしょうか?

一番聞くのは日経平均株価とか聞いたりしませんか??

そして今日の株価はなど、毎日違う値段を言っていませんか??

これには需要と供給が関係しいます。

世の中に出回っているものは需要と供給で成り立っていますが、それは株も同じです、ある商品の需要量が供給量よりも大きいときは価格が上昇し、供給量が需要よりも大きいときは価格が下落する。

結構簡単な理論で成り立っています。
供給が少ないときは、どうしても欲しい人は高いお金を払っても欲しいですから価格は必然的に高くなりますし。
需要が多いときは値段を下げてでも欲しいと思う人が出るわけですから、価格は下がります。

これが株式市場になると、世界中の人が訪れた市場で、各株の売買をしているのです。

そのため、需要と供給で価格は変動してしまうのです。

他にも価格が変動してしまう、要因について紹介します。

ますは企業の業績ですね、やはり業績の悪い企業は誰も欲しくありませんから、供給が勝ち価格が下落しますね。
この業績が発表されたりすると、跳ね上がったり、下落することもあるでしょう。

まあこれは難しいですが、株式は欲しい人が増えれば価格が上昇し、みんながいらなくなれば価格が下落する。

シンプルですが、これだけ覚えていれば需要と供給は問題ないです。

お金が増えるなら銀行預金でもいいんじゃないの??

銀行預金は、もし銀行が破綻してもある程度は保証されますよね。
多分みなさんご存知1000万円までは保証されるやつです。

これは、預金保険機構が1000万円まで保証してくれるからですね。

しかし、株式投資になると企業が倒産したら、全く保証されません。
これを聞くと怖いって言われる人が多いですね。

昔は株式も株券といって紙でしたから、会社が倒産したら株券は紙切れになるなんて聞いたことないですか?

しかし投資した企業が成長すれば、2倍3倍になることも少なくはありません、しかも配当金までくれるのです。

倒産したらなんてことはたくさん聞きますが、そのリスクはみんな同じですし、なんならみなさんが持っているお金もそれと同じですね。

日本が破綻したら、それも紙切れです。
企業も、日本もあまり代わりなんてないのではないのかというのが私の見解です。

しかし、銀行預金をするぐらいなら、株式投資をした方がいいのは当然ですね。

配当金とういうのが銀行でいう金利に当たるのですが、これが 日本の銀行ではかなり低いんです。
であれば株式投資をするだけでかなり金額は変わってきますよ。

20年も持ち続けたら数十万円の金額は変わります、定期預金よりは株式投資をお勧めする理由の一つはこれもあります。

何時に取引しますか??

さあ、よし早速株式投資を始めようってなった人も多いとは思いますが、実際株式投資は取引時間があります。

これはその時間に取引ができる時間のことです。

東京証券取引所だと前場が朝9時から11時30分までと後場が12時30分から3時までです。

もし朝のニュースでトランプ大統領のニュースがあればそれに合わせた取引をしないといけません。

この取引時間をしっかり理解しておくことは、これからの株式投資ではかなり優位に働くのでしっかり理解しておいてください。

前場の始まりを寄り付きと言います、前場の終わりを前引けと言い
後場の始まりを後場寄、終わりを大引けと言いますので、これは用語として覚えておいてください。

特に注意して欲しいのは、一番最初の寄り付きと最後の大引けです、この時間は取引が集中してかなり大きく株価が変動する傾向があります。

手数料についても知っておこう

さっきは手数料については、スルーしましたが手数料も株式投資をする上では避けては通ることができないものです。

そのため、絶対かかるお金としてしっかり理解しておいてください。

株式の売買をするときには絶対に売買手数料というものがかかってきます、これは証券会社にとってまちまちですが、ネット証券がやすい傾向にあります。

店舗を構えて営業マンがサポートする証券会社や電話で注文する証券会社は高い傾向にあります。

これは当然ですよね、そりゃ人が動いているのですから人件費も支払うのが当然のことです。

しかし私は自分でするので、手数料は低いネット証券を利用しています。

とにかく手数料を抑えたいという人にはネット証券がお勧めですが、全て一人でしないといけないので、そこはデメリットになるでしょう。

さあ、ここまで読んで始めたいと思った人はまずは証券会社の口座を開設してみましょう。

これは少し面倒なこともあります(本人確認書類のアップロードなど)が簡単に作ることができますのでぜひ始めてください。

それでは口座を作ること、株式投資を理解すること

これができた人は今日はゆっくり休んでください。
また株式投資についてしっかり書いていきますのでぜひみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です