アイリッシュパブってどんなところ?紹介します!

パブと聞いてパッと思い浮かびますか?

最近では新しい形態をお酒を飲める場所としてかなり人気なパブですが

こちらはまだ知らない人が多いですね。

今回はアイリッシュパブを紹介します。

アイリッシュパブってどんなところ?紹介します!

わかりすい表現はイギリス、アイルランド形式でお酒が飲める場所ということです。

アイルランドの人は行きつけのパブが一軒はあるそうです。

またおしゃれな雰囲気も特徴的ですね。

国内にはアイリッシュやブリテッシュなどたくさんパブがありますよね。

一番有名なのはブリテッシュパブを運営しているハブではないでしょうか?

今回はアイリッシュですので紹介は控えますね。

ハブについてはこちら

ギネスビールを飲めるなど英国風のパブをモチーフにしたパブでかなりおしゃれでインスタ映えもしますね。

アイリッシュパブの起源は?

パブの歴史は長くイギリスで発祥した酒場のことです。

日本なら居酒屋になります。

違うところでいうとキャッシュオンデリバリーを採用しているところです。

こちらは説明すると長くなりますが簡単にいうとスタバのスタイルですね。

レジでお金を払ってその場でお金を受け取るというスタイルです。

ブリテッシュとの違いは?

日本国内の中で普通に飲みに行くだけならあまり違いはありません。

もちろんこだわりのある方には違いはわかると思いますが

簡単にいうとブリテッシュは豪華、アイリッシュは質素だと認識していればわかりやすいと思います。

私個人的には国内ではあまり代わりはないと思います。

しかいイギリスに行くとブリテッシュパブはかなり豪華なものが多いです。

おしゃれな内装をしているのも多いです。

アイリッシュパブはどちらかといえば少し質素ですね。

豪華な内装をしているアイリッシュパブはあまりないでしょう。

アイリッシュパブでの過ごし方は?

パブに行ったことがなくても大丈夫です。

特に特別何かをしないといけない訳ではないです。

みんなでワイワイ楽しくお酒を飲めればそれだけで良いです。

またサッカーが始まるとみんなで盛り上がったり

ライブやそのほかイベントもたくさんあります。

その時その時の状況に応じて楽しむのがパブでの過ごし方です。

とにかくコミュニケーションを取りやすい

パブといえば会話です。

とにかくコミュニケーションを取りやすいです。

居酒屋ではテーブルが固定でかなり閉鎖的とも言えるでしょう。

それはそれで良い面もありますし。

日本式ともいえます。

しかしパブでは隣に座った人と会話を楽しむのもパブでの楽しみですね。

また注文の際にレジのスタッフさんと話すのもパブの楽しみ方です。

とにかくキャッシュオンデリバリーを採用しているので移動が多いです。

だからこそ会話ができるのもメリットです。

おしゃれにアイリッシュパブで楽しもう

最近ではパブでお酒を飲む人が増えているそうです。

というのも飲みたいだけ飲むなどその場で会計するので安く済むことがあること

割り勘の必要がないこと

一杯だけサクッと飲めること

など日本の居酒屋にないものを求めて行く人が多いですね。

大勢ワイワイ飲み放題なら居酒屋のほうが良いです。

それ以外の飲み方をしたくなったらパブに行くと楽しいですよ。

また知らない人と会話として楽しむなど多くの楽しみが待っています。

ナンパなんかもしている人も多いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です