【固定費削減】格安SIM比較!おすすめ紹介5選!

固定費用削減するために格安 SIM を検討されている方はいますよね。

もちろん格安 SIM にもメリットデメリットがあるのでそのメリットとデメリットを紹介します。

そしておすすめの格安SIMを紹介します。

格安SIMのメリット

何より最大のメリットは安さです。

今の時代であれば6000円7000円と携帯代を払ってる人も多いと思いますが。

何よりも安い格安 SIM であれば月々数千円で済ましている人もいるのではないでしょうか。

縛りがない

2年縛りという契約があるために違約金や乗り換えができない人も多いですよね。

これがないというのも格安 SIM のメリットです。

料金形態もシンプルだからわかりやすい。

なんといってもシンプルな料金形態は非常にわかりやすいです。

いろんなオプションやよくわからない名前のついた料金形態多いですよね。

しかしそんな人にオススメなのが格安 SIM ですこちらは非常にシンプルでわかりやすい料金携帯ですし。

払う金額もわかりやすいので戸惑うこともないですね。

格安SIMのデメリット

メリットがあればデメリットもあります。

デメリットも紹介します。

キャリア独自のサービスは利用できない

格安 SIM になるので必要のないサービスはほとんどないでしょう。

実際キャリア独自でサービスを提供しているものも多いのでそういったものを使うことはできません。

またスーパーフライデーに参加することもできないでしょう。

しかし月の払う金額を考えるとこれが必要かどうかは考えものですね。

キャリアの独自のサービスも他で替えがきくこともあります。

キャリアメールは使えない

もちろんキャリアから外れるので独自のメールアドレスは使えません。

しかしメールアドレスは他でも替えが効きますし色々なメールアドレスがあるのでわざわざこだわる必要があるかはわかりません。

どうしてもそのメールが必要という人は格安 SIM に変えることはできないでしょう。

データ速度が安定しない

どうしてもこちらも回線を借りて使っていることになりますので。

速度が安定しない場合もあります。

使う用途によってはこれで問題のない人も多いのではないでしょうか。

Wi-fi などを使う人であれば必要か必要でないかというのは変わってくるでしょう。

おすすめの格安SIM

私のおすすめする格安SIMを紹介します。

LINE MOBILE

本田翼さんの CM で有名のLINE モバイルですが私はこれを一番お勧めします。

非常に安く特に普段使うぶんには問題はないと思います。

最低限はは全て揃っていますし特にこだわりが強い人でなければ問題はないと思います。

また SNS ではデータが減らないプランもあります。

とにかく無駄がないから安い!

ある程度は自分で理解しますよって人にはおすすめですね。

LINEモバイルのメリット

  • 回線速度は格安SIMの中では早い
  • 圧倒的に料金が安い
  • プランがシンプル
  • テザリングは無料
  • データを繰越できる
  • カウントフリーでSNSはデータ量が減らない

LINEモバイルのデメリット

  • キャリアールは使えない
  • ショップはない
  • 違約金が発生する場合もある
  • 大容量プランはない

J:COMモバイル

J:COMモバイルとは、ジェイコムが提供する格安 SIM です。

現在は KDDI の完全な子会社です。

元々はケーブルテレビの会社ですね。 

最安値は980円で利用ができますね。

少し料金が高いようにも思いますがサポートや会社の規模など安心できる点も多いですね。

J:COMのモバイルメリット

  • 営業担当が自宅に来てくれる
  • オンデマンドアプリで無料で見る事ができる
  • ワイファイが標準装備されている
  • 充実の顧客サービス

J:COMモバイルのデメリット

  • 2年縛りがある
  • 長期利用が前提
  • 最大手と比べるとイマイチ

J:COM MOBILE

マイネオ 

こちらは回線を選ぶ事ができます。

毎年iPhoneの利用シェア1位を獲得している回線です。

私の印象はかなりオプションが豊富です。

契約してから色々手厚い印象です。

困った時はマイネ王で解決する事ができます。

使ってから一番困りにくくアフターサポートが手厚いのではないかと私は思っています。

マイネオのメリット

  • 料金プランが豊富
  • オプションが豊富
  • マイネ王がある
  • 申し込もみが簡単

マイネオのデメリット

  • 何かと手数料がかかる
  • 回線が混雑する時間がある
  • 店舗が少ない

UQモバイル

こちらも最低料金は980円から利用できます。

また回線の速度もかなり品質が高いです。

メールアドレスも月額200円でキャリアメールを持つ事ができますね。

@uqmobile.jpがあると言うのはかなりメリットではないでしょうか。

そしてテザリングも利用できます。

これはかなり嬉しいサービスですよね。

そして何より実店舗があるので何かあったとしても安心です。

困った時は人がいる方が安心という人はおすすめです。

UQモバイルのメリット

  • 通信速度が早い
  • キャリアメールがある
  • 店舗がある
  • テザリングができる

UQモバイルデメリット

  • 2年縛りがある
  • 速度制限がある
  • プランが少ない

UQモバイル

Uモバイル

こちらは映画が好きな人にはおすすめなSIMです

プランによっては新作映画を見る事ができます。

最近はやる気がないとも言われていますので注意も必要です。

ただ最低限持つだけなら790円で持つ事ができます。

あまりおすすめはしませんがどうしてもという人には。

Uモバイルのメリット

  • 安全なwi-fiスポットが使える
  • 新作映画が一本無料

Uモバイルのデメリット

  • 電話の音質が悪い
  • プラン変更ができない
  • プランがぐちゃぐちゃ
  • データ量の繰越ができない

U-mobile

まとめ

私はLINEモバイルが好きですしおすすめします。

というのもほとんどの事は理解しているつもりでいますので手を借りる必要はないと思っているからです。

どんな格安SIMを選ぶかは自分次第ですが

人が動いたりサービスが手厚いとどうしてもその分経費がかかりますので値段は上がるのは当然でしょう。

本当に安くしたいなら自分でなんとかすると安くなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です