【適度にサボろう】大学の授業は真面目に受ける必要はない

今回は「大学の授業の受け方」について書いていきます。

私は大学に入学し卒業もしたのである程度を大学の授業の仕組みというのは知っています。

真面目に受けている人やサボっている人色々な人がいますが一番私がオススメするのは適度にサボる授業の受け方です。

大学の授業は真面目に受ける必要はない

大学の授業を受けると言ってもみんないろんな目的がありますよね。

その目的に対して受け方が変わってきます。

特にほとんどの大学生は何のために授業を受ける。

こういった人がほとんどではないでしょうか

目的は単位ではないですか?

あなたが授業を受ける目的は単位ではないですか?

そのために履修登録の時から簡単な授業を探してませんでしたか。

だったら適度にサボることも大事ですよね。

もちろん評価の内容は変わりますが同じ単位はみんな同じです。

たら最小の出席や最小の勉強で単位を手に入れてもいいのではないですか。

最小コストで最大のリターンを得るそう考えてみませんか。

休んでも問題はない

大学によっては出席の日数を管理されるところもありますし。

最低限出席しなければいけないなどあると思います。

しかしその最低をクリアしていれば問題はないですよね。

ギリギリのラインを狙うのもありかもしれませんよ。

単位の条件を確認しよう。

単位の条件がありますよね。

大体どこの大学でもシラバスにこの要件を満たすでは単位を出しますと。

しっかり書いてありますよね。

例えばテスト100%の授業があるならば極論テストさえ取れば単位はもらえるということになります。

しっかり条件を確認することで無駄な時間や無駄な労力を使う必要はなくなります。

有意義にサボろう

せっかくサボるのですからそのサボった時間を有意義に使いましょう。

どうせ何もしないのであれば授業に出てもいいかもしれません。

黙って万象をそのままノートに書くなら行かなくてもいいかもしれません。

しかしその他持った時間を使ってあなたは自分に投資を出来るならサボってでも投資すべきです。

勉強は他でも学べます。

必要のないことも学ぶときもあります。

しかしあなたの時間は過ぎ去ってしまえば帰ってきません。

時間を使ってでも他のことができかつ単位が取れるならサボっても問題ないでしょう。

最後に

大学生は今一番何かしら新しいことを習得するのも早い時期ではないでしょうか。

もちろんだからこそ勉強に精を出すのもいいでしょう。

しかしあなたがしたいことがあるならば真面目に授業をサボって自分に投資すべきです。

何事も最大限完璧100%を取る必要はありません。

必要最低限をしっかりとこなしていきましょう。

ここをうまいことをこなせる人ほどあなたの将来がうまくいく可能性が高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です