【厳選】大学生だからこそお金の仕組みをしっかり勉強しよう!18選!

いい学校を出ていい会社に行くのは一昔前の話です。

あなたの人生は誰も保証なんてしてくれません。

しかし生きるためにはお金が必要ですよね。

だからこそ今回お金の仕組みを学べる本を紹介します。

金持ち父さん 貧乏父さん

これは人気ですね。

ほとんどの人が知っているかもしれませんが読んだことがある大学生は少ないかもしれません。

もし読んだことがある人はここには少ないと思います。

この本を通じてお金に関する知識や考え方を物語形式で学ぶことができます。

ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!


このかたの本はいつも読みやすいですね。

お金は大事ですがそのお金の使い方や稼ぎ方を改めて考え直すことができる一冊ではないかと思います。

広い価値観を手に入れることができるのではないでしょうか。

金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った

こちらもお金という仕組みについて詳しく書いてあるように感じます。

当たり前にあるお金ですがこちらを読むことでかなり仕組みを理解できるのではないでしょうか?

マンガ版 堀江貴文の「新・資本論」 

こちらはお金もですが信用についても詳しく書いてありました。

お金=信用ともいえるでしょう。

こちらは漫画ですので活字に少し疲れた方にはおすすめです。

偽情報退散! マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている

こちらお金について学ぶことができる一冊です。

お金や争いについてもわかりやすく解説されています。

カイジ「命より重い! 」お金の話

こちらもお金の教科書としてはかなり簡単な部類に入るものではないかと思っています。

人気の漫画カイジを教科書として用いたものですので

簡単で入門編ともいえると思います。

学校では教えてくれないお金の話

入門的な一冊ですがこれだけでもかなりお腹いっぱいのようになるのではないかと思います。

簡単に経済を噛み砕いて説明する本ですのでかなりおすすめです。

誰も教えてくれないお金の話

可愛いイラストを中心にわかりやすく解説されています。

30万部を突破するかなり人気の本ですね。

お金は寝かせて増やしなさい

インデックス投資についてかなりわかりやすく丁寧に説明している本です。

投資も気になる方も多いと思います。

そんな方にはおすすめです。

このかたはインデックス投資も15年のキャリアがあるのでかなり説得力が違いますね。

経済ってそういうことだったのか会議

超ロングセラーのこちらの本ですが過去には堀江貴文氏もおすすめする本ですね。

かなりおすすめの経済の入門書ですね。

この世でいちばん大事な「カネ」の話

かなり濃いエピソードを交えた本でしたのでかなりリアルでした。

お金とはなんなんだという気持ちにさせられますし。

人生についても考えさせられる一冊でした。

金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?

最初ははてなばっかりでしたが読むにつれてかなり自分の視野が広がるのではないでしょうか?

タイトルからインパクトのある本ですね。

武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新

こちらも過去に堀江貴文氏がおすすめしていた本です。

会計や経済について深く学べる本ではないでしょうか?

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 

こちらはお金の仕組みについて深く学べる一冊になっています。

お金の仕組みを学ぶのにユダヤ人は欠かせませんね。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方

時代は刻々と変わっていますのでお金の考え方もアップデートしないといけませんよね。

だからこそこれからの時代の考え方にアップデートするにはこの本を読むしかないでしょう。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

この人を知らない人は少ないと思いますが

本当に正論をかましてくる感じですね。

この感じやこの方の考え方は非常に勉強になりますね。

市場クロガネは稼ぎたい

勉強はしたいけど活字は疲れたという人もいるのではないでしょうか?

そんな人におすすめなのが漫画で一気に読めるこの本です。

一気に読めて勉強になりますよ。

知らないと損する!価格と儲けのカラクリ

かなり面白い本です。

原価や利益がわかる本ですので知りたい方も多いのではないですか?

商売の裏側を見ることができるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です