【緊急出口】新卒が本当にやばいなら退職代行を使っても避難しよう

退職代行サービスが最近は話題になっていますね。

退職代行とはあなたに代わって会社に辞めるということを伝えてくれるサービスにはなりますが。

賛否両論の意見がありますね。

今回は退職代行サービスについて調べてみました。

新卒が本当にやばいなら退職代行を使っても避難しよう

退職代行サービスはいろいろな意見がありますがこのサービスは本人に代わって辞めさせてくれるというようなサービスです。

実際今すぐ辞めたいけど辞めるといいぐらいやまた辞めたいのに辞めれないような人には非常に助けてくれるサービスでしょう。

中には助けられた人ややめれた人はたくさんいるのではないでしょうか。

退職代行サービスの仕組み

退職代行を使って止めるにはこういった手続きを踏んで辞めることになるそうです。

  1. LINEなどで代行業社へ連絡
  2. 契約、代金の払い込み
  3. 退職手続き開始
  4. 契約終了

かなり簡単で非常にあっそりという印象でした。

中には違法という意見もありました。

退職代行をしていると中には違法ではないのかという意見もありました。

退職代行が給料やまた利払いの有給について交渉をしているのであれば違法という意見がありました。

弁護士法72条で禁止されている非弁行為になるそうです。

しかしこちらについては止めることだけを伝えるのであればあくまでも違法ではないそうです。

またほとんどの退職代行の会社は弁護士を雇っているや違法でないことだけをしているのが現状です。

失敗はしないのか?

正直退職代行を使うという人はここが一番心配なのではないでしょうか。

退職代行使ったはいいものの失敗をしてしまって止めることができない。

他にもそんな失敗をしたからこそ会社に残り続けて嫌な目で見られたまま会社にいないといけないのか。

こんな心配があるのではないでしょうか。

しかし調べたところ失敗をしたことのない業者の方がほとんどである程度お金を払って退職を代行する業者であれば失敗したことはなく100%の成功率だそうです。

退職代行のメリット

退職代行のメリットを考えました。

メリットを考えるとなかなか難しいですが。

私は確実に止めることができるという一択ではないでしょうか。

退職代行のデメリット

もちろんメリットがあればデメリットもあります。

高い

退職代行のデメリットとして挙げられるのが費用が高いということですね。

自分で退職を申し出ればかからないお金がかかってしまいます。

自分がしたくないことをやってもらうわけですのでかなりお金がかかってしまうというのは事実です。

できない事はできない

この業者ができるというのはあくまでも退職を伝えるのみです。

ですのでそれ以外の業者の業務を超えるようなことはできないので特殊な場合は少し悩むかもしれません。

イメージが悪い

やはり日本人というのはイメージや周りからの見られ方を意識する人が多いと思いますが。

どうしても一方的にやめてしまうというのはイメージがよろしくはないでしょう。

それでもやめたいという人にはお勧めですが。

同期やお世話になった上司達に少し気まずい気持ちや嫌なように思われてしまうのは仕方がないでしょう。

最後に

どうしても止めたい場合そして伝えることができない場合は退職代行を使うことも検討した方がいいでしょう。

仕事が嫌で自分自身がおかしくなってしまいそうな人は世の中に沢山います。

そんなとこからは早く脱出するほうが私はいいと思います。

仕事はたくさんありますしあなたの人生を考えると今止めたところで正直あまり変わることというのはありません。

変に我慢してしんどい思いをするぐらいなら退職代行を使ってスパッと辞めるのもありかもしれませんね。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です