【大学生必見】大学生は本を読んで成長しよう!おすすめ理由6選!

こんにちはどうもふるちゃんです!

私は普段から毎日かなりの本を読むんですけれども非常に本は大好きです。

しかし実際私が大学生の時に本を読んでいたかというと実際そんなわけではありません。

本を読むような習慣ができたのはもう卒業する直前ぐらいの頃から本を読むようになり最近では月25冊から20冊程度読んでいます。

しかし本というのは非常に素晴らしくどんどんどんどん読んだ方がいいのではないかと私は思っています。

なので今回は現役の大学生が読書を読むと言うメリットや読書の良さについて紹介していきます。

大学生は本を読んで成長しよう!

私も大学生を経験してはいたので大学生というのは多少わかってはいますが非常に色々あり大変ではありますね。

しかしわざわざ時間を割いてまで本を読むというのは非常にメリットがありかなりあなたの成長になります。

なので私が大学生に読書をするメリットというのを紹介していきます理由はこちらの6つです。

  • 時間がある
  • 体が元気
  • あなたの知識と魅力が増える
  • 文章力が身につく
  • 知識、教養が学べる
  • 差をつけることができる

といった理由があるので私はお勧めします。

時間がある

本を読むだけならいつでもできますがわざわざ大学生にお勧めする理由というのはこれです。

大学生というのは意外と時間が余っています。

そのため何のために時間を使っていいのかが正直わからないこんな人は多いのではないでしょうか。

私も実際そうでした正直何をしていいかわからないですし毎日正直意味のないような生活をしていたと思います。

しかしこんな時間があるのは正直今だけです。

だからこそこの時間がある時にこそ読書をして自分に磨きをかけるチャンスなのです。

体が元気

大学生というのは人生の中でも一番体力があり非常に元気な時間ではないでしょうか。

というのも意外と時間はないかもしれませんがそれは事実なのです。

実際に今後人生を送っていく中で体力は低下していきますが非常に老眼などになってしまうと本当に読むだけでもしんどいです。

なのでこんなに体が元気というのは本当に今だけの特権ではあるので今一番体力がある今だからこそ読書を始めるべきなのです。

正直これから身体が衰えてくると本当に読書を一つでもしんどくなってしまいます。

あなたの知識と魅力が増える

読書をしている人としていない人というのは本当に別人のように私は感じています。

というのも大学の中やあなたのいるコミュニティの中での情報や知識というものには限界があります。

なのでそれ以外の場所から情報や知識というものを引っ張ってくる必要があります。

なので読書をしている人としていない人であれば会話の内容もかなり変わってしまいます。

それだけ読書というのはあなたの知識とともに魅力を増すのです。

同じ人と話していてもみんな同じような会話で降らない人よりも色々な知識があり頭が良さそうな人の方が魅力的には見えますよね。

そして何より読書をしている人というのは傍から見た時に非常に格好良くないでしょうか。

文章力が身につく

意外とそんな一面もあったんだというギャップもかっこいいですね。

読書というのは国語の勉強ももちろん大事ですかそれ以上にあなたの力をつけてくれます。

大学生であれば就職活動などもしますので文章力っていうのは非常に重要です。

誰かわからないのにも関わらず文章や書類だけであなたの将来が決まってしまうそんなことがあるわけですからあなたの文章力というのは人生を左右するといっても過言ではありません。

そしていろいろな表現や言葉などがあるわけですからあなたの脳は色々なパターンなどを吸収していきます。

その能力を持っているだけであなたは非常に頭の良い人のように見えるでしょう。

知識、教養が学べる

教養がある大人というのは非常に魅力的ですね。

しかし教養というのは意外と誰も教えてくれるものではありません。

これは自分で学ばないといけないのですがそれを学ぶツールとして読書が挙げられます。

読書といってもいろいろなジャンルがあり様々な知識を得ることができます。

もちろんすべての本を読むということはできませんが歴史から学べることというのも多いです。

あなたが本を読むことで今まで他の人たちがした経験などを学ぶことができそれによってあなたの知識や教養に磨きがかかるでしょう。

差をつけることができる

私もそうでしたが日本の大学生というのは本当に読書をしない人達が多いようです。

こんなに簡単に本が読める時代になりスマートフォンでも読めるという便利な時代ではあるのにも関わらず本当に読まないというのはデータから出ています。

たまにテレビなので読書をしない若者みたいな形で少し問題にもなっているようですね。

しかしこれは社会人でもそうなのですが本を読まない人と呼んでいる人っていうのは非常に能力に差が出ています。

この多少の差というのが今後10年20年というその先の人生でかなりの差を開き取り返しがつかないようなことにもなってしまいます。

なのであなたの今後の人生でも優位に立つために読書は不可欠と言えるでしょう。

最後に

読書というのは本当に少ししたことがない人にとっては抵抗のあることかもしれません。

実際何を選んでいいのかどうやって呼んでいいのかわからないこと尽くしかもしれません。

しかし何を読めばいいなど決まりはなく本屋に行ってこんな知識欲しいなやこんな本が読んでみたいなと気になったものから手を出していけばいいのです。

わざわざ難しい本に初めから読む必要なんてありません簡単な本から読めばいいのです。

もっともっと気楽に初めて読むということに慣れることから始めてみてはどうでしょうか。

そうすることによってあなたの人生は魅力的で良い将来が見つかるはずです。


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です