【大学生のインターン】いつから行くの?行きたくないけど

就職活動をする大学生ならほとんどの人がしているインターンシップ。

正直めんどくさかったり行きたくないなぁとは思いますがそれでも将来のことを考えるとやっぱり行かないといけないなって思う方も多いと思います。

しかし実際行くとなってもいつ行けばいいのかどうやって行けばいいのか分からないことづくしですよね。

今回は社会に出る前にインターンシップをして就職活動をする大学生に向けてどんなインターンシップがあるのかよいつ申し込めばいいのかいつ参加すればいいのかそんなことを紹介していきます。

いつから行くの?行きたくないけど

そもそもインターンシップというのはは企業によって様々で1日のワンデーと呼ばれるものから1ヶ月以上長期にわたって開催されるものもあります。

一切インターンシップで採用に至ったという人も中にはいますので本気で就職活動を考えている人は取り組んだ方が良いでしょう。

実際先輩もほとんどの人がインターンシップに参加しているのではないでしょうか?

実際私もインターンシップに参加しましたが正直ワンデイインターンがほとんどで一番長くても1週間インターンが最長でした。

このインターンでは採用も含め多くいろいろな経験をさせてもらうことができました。

本当に就職活動を意識するなら参加しないと大変なことになるかもしれません。

ではいつから参加すればいいのでしょうか

私の経験やデータを見るとインターンシップのピークは2月と8月に来ています。

それは当然ですよね夏と冬は休みがあるわけですから大学生も時間がありますし企業もそこに合わせてインターンを開催するでしょう。

実際私も長期間のインターンは8月と2月に行きました。

後はワンデーインターンが中心です。

やはり夏など長期のインターンシップであればかなり業務遂行が組み込まれていたりまた専門的な知識やスキルが必要になるものもありました。

実際私は何も分からずに飛び込んだりをしたのでかなり大変だと思うようなこともありました。

でもそれでも行くことの方が私は意味があると思っていましたので正直大変な思いをしましたが本当に何も持たずに飛び込むという経験は私には結構いい経験だったと思います。

ただ本当に行きたい会社があるのであればしっかりと業界研究企業研究をしていくことをお勧めします。

インターンシップがめんどくさいと思う人

正直インターンシップがめんどくさいって思うのは皆さん分かります。

私もかなり面倒くさかったのは事実ですが正直就職活動はしないといけないなと思ってはいたので入ってはいたのですが行かなくてもいいかなと感じる時もありました。

しかしインターンシップに行くことによってメリットがあったのは インターンというのは正直名前だけで会社説明会というのが本当のところです。

かなり4月以降採用担当の人と話すこともありましたが私はそういったお話をよく聞きました。

逆に面談という就職活動を相談しますよと言ったようなことはこちらは解禁前の面接であるのがほとんどです。

そう考えると周りよりも早く就職活動を得ることができるのでかなりあなたにとってメリットになるのではないでしょうか。

就職活動が解禁になってからみんなと一緒にしていても正直埋もれてしまってあなたが目立つことは厳しいです。

しかし早く始めることによってあなたの就職活動が早く終わりいう意義な夏休みを送れると同時にかなりの確率で選考に残ったりもします。

正直後回しにすることもできますが早く終わらせると思って頑張るのが就職活動のコツかもしれません。

インターンシップはいつ申し込めばいいの

最近ではインターンシップはかなりメジャーになってきていますので正直受付はいつでもやっています。

いつがいいかって悩む方も多いかもしれませんが迷ったら正直やっている所にとりあえず行ってみるというのがいいかもしれません。

インターンシップも初めては経験しますが慣れてくると結構慣れたものです。

第一志望の企業が初めてだと正直緊張してしまってアピールすることもできませんのであまり興味の無い会社でもとりあえず行ってみることが大事ですね。

特に人気なのが2月と8月のインターンシップで大型のものも開催されますので行ってみることはいいかもしれません。

しかし私がおススメするのはあえて時期をずらしてみんなと違う時期に選考を有利に進めることの方が私は良いかと思います。

それでもまあまだ決めれないなという方は8月度インターンシップに行くことをお勧めします。

ここら辺からほとんどの人が就職活動を意識しだすのでそれを送れないようにするには8月いいと思います 。

就職活動はめんどくさいがとりあえずやっておこう

正直私もそうでしたが就職活動はかなりめんどくさくインターンシップなんて行きたくなかったです。

ましかし行かなきゃいけないしとりあえず行ってやるよぐらいと気持ちで言っておきました。

それぐらいの気持ちで取り組む方があなたもかなり楽です。

もし慣れてきたらどんなインターンシップがあるのかそしてどんな選考の流れがなっているのかを意識して行くだけでも変わりますね。

しかしインターンシップたくさん行ったとしても最終的に入社する会社はひとつしかありません正直失敗をしたところで今後関わることのない会社もたくさんありますのであまり気にする必要はありません。

本当に会社が変われば本当別の会社になります同じ業種でも違うものです。

なのであなたに合う会社はあまりないと思いますなのでたくさんの会社を見て経験しておくことがお勧めです。

それこそ落ちた会社や選考に関わらなかった会社は自分の為の踏み台だったと思って取り組むことが一番いいですね。

そしてなにより僕は良かったと思うのは色々な会社の中に入れるのは今しかありません就活生という看板を持っているだけで色々なセキュリティが開きます。

しかしこれが大人になってしまうともう他の会社の中に入ることはほとんどありません。

なので気になる会社の中を見ておきたいそんな人は行きたい会社みたい会社を是非見て大人になったほうがいいと思います。

就職することは何回もできますが会社の中を見れるインターンシップに参加できるのはこれは本当に大学生の特権です。

正直就職活動そっちのけで本当に会社の中を見学しに行くぐらいの気持ちで行くことが楽しいかもしれませんね。

色々な考えがありますが楽しい就職活動を送ってください。

LINEで就活【digmee】


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です