【新卒は注意】社会人は出会いはないが社内恋愛には気をつけよう!

今回は大学から環境が代わり大変である新卒の社会人の方に向けて書きました。

会社にな慣れてきてこれからって時期ではないでしょうか?

どんどん仕事を覚えていき会社にも慣れてきてそしていい感じになってきた人も多いてと思います。

しかしその中でも一番気をつけて欲しいのは「社内恋愛は気をつけよう!」これですね。

本当に社会人て出会いがないのです。

そして同じ研修を乗り越えてきた同期などとは恋愛感情になりやすのはもちろん理解していますが気をつけた方がいいのは当然です。

察しがいい人は気づいているかもしれませんがそれについて今回紹介していきます。

今後の長い会社生活ですので是非読んで活用してくださいね。

社内恋愛をしてはいけないわけではない

もちろん最初に断っておきますが社内恋愛をしてはいけないのではないので注意してください。

それに否定しているわけでもありません。

それにこれからの時期会社内ではどんどん社内恋愛が増加していきますので悪いことではありません。

それにいい恋愛であればあるほど私も応援んたいのですが今後の人生は長いのでかなり後悔することも多いかもしれません。

今は昔ほどではありませんが年功序列や終身雇用などが残る企業も少なくはありませんから。

流石にないかと思いますが、極論だと定年まで元交際相手と一緒に仕事をし続けないといけない可能性はあります。

本当に後悔しますのでそのリスクを知った上で慎重に行って欲しいので色々紹介していきます。

社内恋愛のメリットを紹介します!

では最初にメリットを紹介します。

最初から悪いことばかり知ってもあまりよくないですし社内恋愛が一概に悪いわけではありませんからね。

  • 相手のことがわかる
  • 仕事の理解がある
  • 共通した話題がある
  • 一緒に居られる時間が長い

この辺りがメリットではないでしょうか?

相手のことがわかる

これは社内恋愛のかなり大きなメリットではないでしょうか?

相手のことがわかりますので相手が出世するなどの情報もわかりますので今後のパートナー探しには最適ではないのでしょうか?

そして仕事になれば性格などもわかることが多いですからそも点もギャップが少なくなりそうです。

仕事との理解がある

これもメリットですね。

実際交際相手の仕事ってわからないことが多くないですか?

ざっくりした仕事はわかりますが実際の仕事場やその他それがわからないしそれが伝わらないというのは非常に厳しいです。

しかしそれが同じ会社では理解があります。

もちろん理解してくれないかもしれませんが実際現実は目の前で仕事をしているのですから状況ぐらいは理解できますよ。

だからこそ残業や他トラブルなど仕事関連にまつわるトラブルは少ないかもしれませんね。

しかし仕事の仕方が合わないや上司部下の関係だとそれはまた他の問題かもしれません。

共通した話題がある

これも大きいです。

実際お互い違う生活をしていますので話題ってないですよね。

長い付き合いをしているカップルでこそ会話がなくても大丈夫かもしれませんがそれでも実際難しいですよね。

それこそお互い共通の趣味があればいいのですがなかなかそれも難しそう。

そんな時も同じ仕事をしていれば共通の話題がありますので安心ですね。

ずーっと仕事ばっかりになってしまいそうですけど。

情報漏洩にも気をつけてくださいね。

一緒に居られる時間が長い

会社内でも偶然会うこともあります。

そんな時ちょっと嬉しくないですか?

そんなことができるのも社内恋愛のメリットです。

他の会社ではほとんどないでしょう。

同じビルとかならまだ可能性はありますが実際厳しいですよね。

偶然会うこともできてしまうのが社内恋愛メリットですね。

他にも

  • 給料をごまかされない
  • お互いの仕事の進捗がわかるのでお互いの機嫌も含めて理解できる
  • 退社時間もわかるので浮気防止

などなど多くのメリットがありますね。

相手のことをしっかり理解することもできますしわかっているのはメリットですよね。

社内恋愛のデメリットを紹介します!

やっぱりいいこともありますがいいことがあれば悪いこともあります。

目を背けたい人もいるかもしれませんが現実に向き合ってくださいね。

では社内恋愛のデメリットを紹介します。

知りすぎてつらい

やっぱりこれですよね。

相手の仕事についても情報が入ってきますので嫌でも相手の事を知ることになります。

いい情報ならいいのですが悪いことは知られたくないですし知りたくはないですよね。

また立場や人間関係も知ってしまうことになりますので少しショックを受けることもあります。

また悪口が回ってくるかもしれませんね。

仕事に個人的な感情が入れがち

これですね。

交際相手が仕事をしていますので喧嘩をした後などいけないことはわかっていますがやっぱり個人的な感情が入ってしまうこともあります。

それこそ同じ部署や上司部下の関係であればなおさらつらいですし。

立場を利用された日には爆発しそうですよね。

それを理由にまた面倒なことになるのも嫌ですから。

なかなか個人的な感情と仕事を切り離すのは難しいですね。

バレるとめんどくさい

バレてしまうとかなり面倒なことになるのではないかと私は思っています。

やっぱり冷やかす人はどこにでもいます。

またそれを知っている人がわざと何かをしてくる事も考えられます。

仕事とプライベートを一緒にするなと突っ込みたくなりますがそんな人は世の中にはたくさんいます。

そんな事で嫌な思いをするかもしれません。

なのでかなりバレるとめんどくさいです。

他にも

  • 隠すのがつらい
  • 別れたら大変
  • 揉め事が増える可能性も
  • 見せたくない姿も見られてしまう。

などがあげられると思います。

私個人的には別れた後のことがやっぱり心配ですね。

最初は勢いやノリとか色々あると思いますが別れてからではなかなか難しいのではないですか。

これからずっと気まずいのは私は苦手ですね。

それでも入社したての新卒同士の恋愛はオススメしない

入社したて新卒同士でカップルになることはよくあります。

今まで研修やわからないことなど助け合った仲ですやっぱり仲間意識があり人間関係もあります。

そしてそのままの勢いで恋愛を始める人も多いのですが

私はおすすめしません。

特に入社してたての新卒同士ではかなり注意が必要です。

仕事を助け合った仲なんてすぐ忘れる。

会社の中でも同期同士で付き合うのはそれなりに理由があります。

  • 心細く話せる人が同期しかいない
  • 不安を共有できる

この2つが多いのではないでしょうか?

しかし話せる人がいないも不安の共有もそのうちできますし

上司ともこれから打ち解けていくことができるはずです。

それにあなたも仕事が慣れてくるでしょう。

だからこそ助け合った仲というのは懐かしい思い出になりますが大したことなくすぐに忘れてしまうでしょう。

そこも含めてすぐに別れてしまう人も多いですね。

相手がポンコツだったら大変

意外とこれが重要ではないかと私は思っています。

交際相手がポンコツは少し言い過ぎかもしれませんがもしかしたら仕事ができないかもしれません。

研修や最初では差が付きにくいですがどうしても評価などで差が開く事もあります。

そして最近では実力主義で給料が変わってくる事も多いですので同じ会社の同期でも給料が変わってくる事もあるかもしれません。

それがかなり差が開いてくると悲しい結果が待っているかもしれません。

そして相手が仕事ができなかった場合、見たくない姿なども見ることになるかもしれません。

そしてもっと例えばですがどちらかが出世する事もありえます。

こうなってしまうとなかなか厳しいですね。

正直立場が変わると別れやすいかもしれません。

ポンコツが悪いわけではありませんがお互いの実力がわからないのであれば早い段階で付き合うことはおすすめできませんね。

社内恋愛はトラブルが多い

それでもやっぱりトラブルが多いのが社内恋愛。

そして新卒の場合だと正直多いと思います。

新卒で入るとわからないことばかりですし理不尽な事も多いと思います。

その中でどうする事も出来ない気持ちがぶつかる事で喧嘩になる事もしばしば。

初めての社会人ですから公私混同になってしまうかもしれません。

とにかく恋愛関係のトラブルはタブーとなりがちですし「新人のくせに調子に乗るな」となりがちです。

何かしらトラブルを招く結果になりかねないので私はおすすめしておりません。

社内恋愛はトラブルに気をつけて慎重に

ここまで来ても私個人の意見では社内恋愛をおすすめしませんがそれでもしちゃいたいのが本音の人も多いはず。

実は結婚をした夫婦の出会いの場は職場がかなり多いのです。

それだけ世の中の人は職場での社内恋愛をしているのです。

むしろだからこそ慎重に行う必要があるのです。

実際社内恋愛をして失敗が多い人はトラブルメーカーになりがちです。

といのも同じ会社の中に元交際相手がたくさんいるのでどうしてもトラブルになるかのせいが高くなってしまいます。

そんなトラブルが続くと今後の恋愛や将来の結婚にも響く可能性もありますし。

ましてや自分の評価に響く事もありえます。

なので慎重に行う必要があるのです。

職場がかなりの多さで出会いが多いのですから今後の人間関係やこれからの職場での出会いは大事にとっておいてもいいのではないかと私は思います。

早期の人間関係を発展させすぎることは少し考えものかもしれません。


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です