【新卒だけど辞めたい】早期退職しても大丈夫⁉︎転職したい。

新卒で入社したはいいけどなんかしんどいな。
なんとかゴールデンウィークは乗り越えたけどやっぱり辞めたいな。
そう思っていませんか?

この時期ぐらいから上司や同期、会社に対して不満なんかも出てきたり増えてきたのではないでようか?
入社前に聞いていたことと違うや上司が高圧的そんなことはあるのではないですか?

しかし辞めたいと思っても「3年は続けた方がいい」や「これからのキャリアに響くのではないか」これからのことを考えると不安に思うこともあるのではないでしょうか?

では早期退職をした場合どうなるのかまたこれからの転職活動について紹介していきます。

第二新卒とはどんなものなの?

新卒で早期退職をしら第二新卒として定義されます。
第二新卒とは「卒業後に就職したが数年のうちに
退職し転職活動をする人のことを言います。」
あまり明確な基準はありませんが一度就職していれば大体は第二新卒と言われるでしょう。
流石に5年も10年も経っていると流石に第二新卒にはならないと思いますが。

しかし早期退職をして第二新卒であるのにも関わらず早期であることがマイナスになると考えて隠したりすることはいけないことになるので辞めておきましょう。

これは経歴詐称に当たりますしどれだけ短い期間であったとしても記録が残ってしまいますので気をつけてください。
最悪の場合内定取り消しになった人もいるので辞めてくださいね。

これからの転職活動に響くこともあるので本当辞めてください。

早期退職は逃げではない

早期退職を考えていると、多くの人に言われたり
すること自体が「逃げ」これですよね。

これが本当に邪魔をします。
これのせいであなたの転職活動を邪魔をする人もいます。
しかし私も会社を早期退職していますし

「逃げ」ということはかなり言われていましたが

私の経験からいうならば。

「勝手にいってください、いうだけで何もしてくれませんよね」

そして何より

「あなたの人生はあなたに決める権利がある」

これが全てではないかと私は思っています。
本当にあなたが早期退職を申し出て「逃げ」という人はたくさんいますがあなたに何もしてくれませんよ。

もしかしたら早期退職は「逃げ」かもしれませんが「逃げ」が悪いとは誰が決めたことなのでしょうか。

そもそもあなたは会社と契約の関係でしかないのですからそんな思いをしてまで会社にいる必要はないですよ。

あなたの人生はあなたが決めることが一番ですよ。

もしかしたらこれであなたが鬱になるかもしれませんしそれに死にたくなるかもしれません。

仕事でそこまであなたが追い詰められる必要なんてないですよ。

「逃げ」とい表現はあまり好きではありません。
そのようにいうと悪いことをしているように感じることもありますよね。
しかし悪いことでもありませんし、きにする必要もありませんよ。

そこも含めてあなたの人生ですからじっくり考えてみてください。

せっかく第二新卒になるのだから有利にいかそう。

第二新卒であることはマイナスになるように感じることもありますし。
正直まだ世の中はそのようになっているのも事実です。

しかしもうその道を決めた以上はもう引き下がることはできません。
だからこそむしろ前向きにしアピールしていきましょう。

そして今までの経歴を隠すことはもっての他ですが、もちろん前の会社を悪くいうことのないようにしましょう。

そしてこれからの自分のキャリアをどうしていくかをアピールしましょう。

今までの経験を生かして前と同じことはしないよう注意を払うことも大事ですね。
新卒の時は内定が欲しいですから少し無理な条件もできるということもあったと思いますがそれをやめて正直に転職活動をすることをお勧めします。

過去の失敗を2度繰り返さないようにしてくださいね。

会社なんてやめてもどうにでもなります。

会社をやめてもどうにでもなります。
正直どうにでもならない人の方が少ないのではないでしょうか。

「逃げ」と言われて会社をやめると人生終了みたいな雰囲気がありますがそんなことはないです。

それこそそんなこと言って「私のころは」なんて言っている人こそ逃げているのです。
目の前の不満があるのにも関わらず何も言えない、自分に嘘をついている人の方が「逃げ」ではないでしょうか。

その現実に向き合っているあなたは「逃げ」ではないのです。
その気になればバイトでもすれば当面はしのげますよ。

世の中は少子化で人手不足と言っている業界なんてたくさんありましますし。
収入を得ることだけなら困ることはないです。
あなたの若い力は魅力的ですから必要なのに辞めてたいそう思わした会社が悪いと思えばいいのです。

リスクはあるが取った方がいい。

もちろん転職することはリスクがあるのは当然です。
しかしこの現代では会社にいることもリスクとも言われる時代ですし、みんさんが知らないのと大多数が会社員をしているのでリスクがないように思っている人が多いからです会社にいても倒産のリスクはあります。


これはよく言われますし想像することができない人が多いのであまり取り上げられませんが、一部の頭のいい人は会社員をしながらリスクヘッジをするために勉強や生き延びることに努力をしているのも事実です。

近いところの話でいうと会社は出世競争をしますので出世できないことはリスクではないでしょうか。

これは年功序列が崩壊している現代ですから想像はつきませんか?
このまま20年30年立った後にそのまま平社員であることもリスクだともいます。
役職がなければ給料が上がることはありませんしこのままもリスクですよ。
どっちみち自分で行動することをしなければリスクはあるのです。

会社がなくても生きることができる力があることの方が会社よりも大事だと私は思っています。
なのでリスクを取ったとしても転職したっていいじゃないですか。

やめるならなるべく円満にやめよう

やめることは私はマイナスなイメージを持っていませんが迷惑のかかる辞め方はしないでおきましょう。
特に無断で飛んだりするのは絶対やめましょう。

もしかしたら関係のない同僚なんかも敵に回してしまうのは少しもったいないですよ。
敵にならなくていい人をわざわざ敵に回すのはできる限りやめましょう。

そこは最後はかっこいい方がいいですよ。

もしかしたらいい形でやめることで今後も力になってくれるかもしれませんしもしかしたら仕事をする上で有利に働くかもしれませんよ。

しかしやめれないなどいろいろあるかもしれませんのでそこは臨機応変に対応してみてください。
本当に直属の上司がやめさしてくれない場合は人事部に連絡するなど。
方法はたくさんあると思います。
可能な限り考えてみてください。

最近では退職代行もありますが私はあまりオススメしません。
決して否定するつもりはありませんが、せっかくやめるなら自分で言った方がいいとは思います。

高いですからね!
今後も転職にはお金もかかりますしお金の面では使わない方がいいですね。

しかしそれでもやめれない場合や本当に心身ともにしんどい場合は使うことも検討する必要もあるかもしれませんね。

しっかり決めて自分で動くしかない

「もう決めたらやるしかない」

これにつきます。
これから生きていくにはなんとかなります。
しかしこれを決めた以上はやるしかないですね。

どうせ失敗してもなんとでもなります。
なんとかなるのでとりあえず行動してみてください。

自分で稼ぐ力を持てば少しは心の余裕ができる

これは事実です。
収入を会社一本だけだからこそあなたは悩んでいます。
これがもし多少でも収入の入り口が2つ以上あればあなたはもう少し安心するはずです。

なのでこれからかもしれませんが行動してみてください。
それだけでもあなたは少し心の余裕ができるはずです。

何がいいかは人それぞれですが自分で行動して探してみてください。
会社にいることよりも1つしか収入がないことはかなりリスクだと私は思っています。

最後に

とにかくやめてくなったらやめちゃいましょう。
なんとでもなります。
ましてや生きてはいけます。

むしろ行動できるあなたの方が会社にいるより
も成長できると思います。

そして自分で稼ぐ力を身につけてみてください。


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です