【大学生のお酒事情】マジで危険お酒に飲まれるな

こんにちは!

なんやかんやでブログを書いていますがなんとか毎日継続できています。
今後ともよろしくお願いします。

今日は大学生のお酒事情について書いていきたいと思います。

僕も本当に大学生の頃は楽しくて毎日お酒を飲むことも多かったのですがやっぱり何回かやらかしたこともあります。

そこで今回は大学生がお酒に飲まれないもしくはやらかさない方法を紹介します。

20歳になるまではお酒は飲んではいけませんよ。

みなさん知ってはいると思いますが!

これは本当に法律で決まっていいますからお酒を飲んではいけませんよ。
未成年の飲酒は法律で禁止されています。

10代から飲んでいるなどたまに聞くことありますが補導対象ですので気をつけてくださいね。

最近では年齢確認も厳しくなったと聞いてはいます。
居酒屋、コンビニではかなり年齢確認を厳しくしているそうで。

しかしそれでもお酒を飲む大学生は多く存在するそうだ。

しかし大学生がやらかしている現場を何度かみたことがありますが何しても許されるわけではないので気をつけましょう。

飲みなれいお酒を飲むというのはかなりリスクもあります。
日本人はお酒に弱い人種でありますので飲めなくても普通であると私は思っています、

しかしどれだけ飲めるかがわからないのにジュースの様に飲むのはやめておくことをお勧めします。

大学生は周りに流されやすい!誘惑に負け過ぎるな

大学生にもなれば多くの人と遊んだり飲み会も多くあると思います。
やはりそこにつきものなのはお酒になるとおもいます。

しかしあなたは本当に飲みたいのかを考えてください。

この状況で断れる人は少ないとは思います。
本当に同調圧力というのは本当に危険です。

お酒を飲まないと「ノリが悪い」そんな格印を押されてしまします。

この同調圧力というものには負けてしまいますし、ここで断ることはできないでしょう。

この空気で飲まないということができればかなり強いですね。

限界なんて知らないでしょ?調子に乗らない方がいいですよ。

こんな偉そうにいうかというと私が失敗した経験があるからです。

お酒を飲むということはかなり危険であるということなのです。
お酒を飲んだことがある人はわかると思いますがあの高揚する感じを知っていると思います。
もちろんその時は楽しいですが冷静な判断ができなくなってしまうのは本当です。

しかしお酒にはあなたの限界とペースがあります。

「お酒はほどほどに」「お酒は節度を守って」こんなことを聞いたことがありませんか?

これは昔は適当にあしらっていましたが今となれば心に響く言葉ですね。

ちなみに私は飲みすぎで救急車で運ばれた友人が何人かいます。
当時20でかなり調子に乗っていたのだと思います。
楽しかったのと同時にお酒を飲めるというそんな理由でかなりもに過ぎてしまったそうです。

楽しい時間がすぐに地獄になってしまいましたね。

みなさんお酒を飲むことがステータスになっていたりもしますからね。

しかしみなさんは自分の限界を知っていないはずです。
だからこそ自分の限界とペースを知ってから本腰を入れて飲むのがベストですね。

これがわからないと翌日「二日酔い」になることもあります。
二日酔いこれは私は嫌いですね。

「二日酔い」これは話のネタにはなりますが本当にしんどいです。
頭痛や吐き気が翌朝にまで続いてくるのですよ私から言わせれば本当に地獄そのものですね。

これのせいで私は翌日の講義を自主休講することになりましたし。
単位も落としたりしたしたこともありました。
なので私は「二日酔い」は嫌いなのであまりお酒を飲まない様にしています。

そして一番最後にペースと限界がわからない奴がやらかす迷惑な行為が「潰れる」と言う行為です。

これはかなり迷惑な行為です。
自分では何も出来ない状態になりますし。
これが渋谷の真ん中で潰れたりしたらどうするものなのかたまに見かけますけど本当に一緒にいる人の顔はかなり大変そうです。

ちなみに飲めない奴がかっこ悪いなど言う奴がかっこつけたあげく最後にこうなる運命がよくありますね。

ちなみに私は一番かっこ悪いと思っています。

しかも一定数わざと「潰す」といった行為をする人がいます。
わざと強い酒を持ってきたり大量のお酒を飲ませる奴がいるので気をつけてください。
しかもこれが同調圧力の中で起こるのでかなりタチが悪いですね。
もちろんされるのは嫌ですが見ている人何もしてくれません。
笑っていたり一緒になって潰しにかかってくる人もいます。
いじめと同じ原理であると私は思っています。

ちなみにチャラいサークルとかの飲み会で潰れると美味しく頂かれてしまう可能性があるので注意してくださいね。
これに関しては誰にもあるし男女問わずな人もお多いそうですので気をつけてください。

まじでお酒は死ぬから気をつけろ

「潰れる」って簡単に笑っていったりしている人も多いですが実はこれかなり危険な行為ですよ。

アルコールは危険である調子に乗ると死ぬとしっかり認識しておいてくださいね。
本当に毎年なくなっている人も居るので心に刻んでおいてください。

急性アルコール中毒は、短時間に多量のお酒を飲むことにより血中アルコール濃度が急上昇して、脳に影響を与える状態をいいます。

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201804/2.html

実際、急性アルコール中毒のために救急搬送されたり死亡したりする例が、毎年のように起きています

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201804/2.html

急性アルコール中毒は危険です。
しかししっかり自分の限界を知っていればその様なことにはなりません。
しっかり自分で管理することが重要になってきますね。

しかし「潰す」連中はそんなことおかまいなしに飲ませてきます。
なので自分の命は自分守ってください。

そしてあなたは誰かをお酒で「潰す」と言うのはやめてくださいね。
あの同調圧力の中では断れませんので。

お酒が飲めてもかっこよくはない

「お酒が飲める俺かっこいい」そんな風に思っている人いませんか?
もしくは「お酒は強い方がかっこいい」こんなことも思っていませんか?

結論から言うとそんなことはないですしステータスにもなりません。
むしろかっこ悪いです。

私も昔はこんなことを思っていましたがかなり痛い人でしたね。
実際あなたがどれだけ飲んでいるとか、正直興味はないですし誰も気にしていません。

ぶっちゃけほとんどみんなお酒の強さは同じぐらいです。
日本人なんて対して変わることはないですよ。

たまにめちゃめちゃ強い人もいますが。
ハーフの人や沖縄の人はかなり強い様に感じます。
遺伝の関係かもしれませんね。
確かに海外の人は強いそうですね。

しかし日本人は特に変わりませんよ。
なので強いって思ったあの人は実は飲んでいないかもしれませんよ。
その様に振舞っている人は実は自分のペースを知っているかもしれませんね。

最後に

お酒は楽しいものですが一歩間違えると本当にかっこ悪いですし。
一番最悪の場合は死に至ることもあります。

なので自分のペースと限界を知ってほどほどに付き合ってくださいね。


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です